戸城佳南江が書く!CAR部

こんにちは!戸城佳南江(としろかなえ)と申します!!!私は小さいころから車が好きで、私の持っている車の知識をふんだんに公開していきたいと思います!

低年式車が車検に通るメリットとデメリットとは何ですか?

time 2017/02/04

低年式車が車検に通るメリットとデメリットとは何ですか?

低年式車が車検に通ると、車に乗ることができる、まだまだ使えると満足、家族がびっくりするなどのメリットが存在します。車検に通らなかった車は乗ることができないですが、無事に審査を通過できたので乗ることが可能です。

おそらくですが、低年式車なことから、廃車を検討していたと想定されます。そのため、無難な結果に済んだことから、内心では大喜びしているはずです。車を利用してどこか遠い所へ行ってみたり、観光地巡りをするのも悪くないです。1人では退屈なので、友人を誘ってみたり家族を車に乗せて出かけるといいです。

誰かと一緒にドライブをすれば楽しみも倍増するので、良い思い出を構築するきっかけにもなります。カメラを持参してから出かければ記念撮影をすることも可能です。また、車検が通ったのは、業者がまだ乗れると認めたことになります。そのため、満足する結果につながります。その低年式車は骨董品のような扱いから一気に変化し、日常的に使うようになります。業者によってエンジン内のバッテリーやオイルも交換して頂いたので、エンジン部分は新品に近い状態と言えます。

タイヤは古いと感じた場合は、新しいのに交換するといいです。タイヤが新しくなれば、走行の際に車の足回りに負担がかかりにくくなるため、結果として車の寿命を延ばしてくれます。ただ、結構古い車なことから、高速道路は走らないほうが無難です。また、家族が廃車になると予想していた場合は、その結果に驚く可能性が高いです。どんな審査をしたのかと家族が疑問を抱いた場合は、経験豊富な業者に審査をしてもらったと伝えれば納得してくれます。

その後に家族は、この出来事を地域の人に話すはずです。珍しい出来事は誰かに教えたくなるのは人として自然の流れです。近所の人は車を見に来るので、業者から聞いた話を適切に伝えれば驚いてくれます。その時の表情は見ているだけでの楽しいですが、その場で笑うと失礼なので、家の中で笑いましょう。

低年式車を車検に出すデメリット

デメリットは審査に時間がかかる、費用が必要、気疲れしやすいなどです。低年式車の車検は車の状態がひどいことから、1日で審査を終わらせるのは難しいかもしれません。エンジンの内部はバッテリーやオイルが適切かどうか判断する必要があります。足回りもきちんと走行できるかチェックをすることになるため、どうしても時間がかかってしまいます。

ただ、全ての審査が終わり大丈夫だった場合は、普通に走行可能になるのでのんびりと待つといいです。業者が車を持ってきてくれた時は、審査が通った証拠と言えます。その時は、家族で宴会をして祝ってもいいと思われます。思い出のある車だった場合は、廃車にならずに済んだため大喜びするはずです。あと、かなり古い車なことから、車検の費用は普通車よりもかかる場合がほとんどです。

審査に時間がかかるのもその要因ですが、まだ動かせる結果につながったので、費用よりも嬉しさのほうが大きいと言えます。低年式車を所有しているのは、主に骨董品としてとってある場合が多いです。なので、普段は働いているはずなので、お金については問題ないです。また、廃車かどちらかの瀬戸際なことから、結果を待っていると気疲れしやすいです。何かをしながら待つと対策になります。

例えば、趣味に没頭したり、仕事に専念をすれば時間つぶしに丁度いいです。ゲームをしたり漫画を読み漁っていれば、自然と車のことが頭から消え去ります。そして、大きな声を出してお腹の底から笑い声をあげれば、ストレス解消に効果的です。仕事に精を出し、活動的に動くのも良い手法です。一生懸命に動いていれば、時間を忘れて没頭できるため、気分転換には最適です。